電力自由化で本当に安くなるの?本当の所をお教えいたします!

MENU

CLOSE

電力自由化で本当に安くなるの?本当の所をお教えいたします!

電力自由化は本当に得をするのか?

33585a0f9bfb228aa1cde2e0524b4969_s

2016年4月の電力自由化に伴い、各電力会社が自由に電気を消費者に対して売れるようになっています。そんな状況下で電気代を安くしたいと考えている人や、電気代の節約をしたいと考える人はより月々の電気代が安くなるのかを考える上で電力会社を自由に選べることが出来るようになりました。

現在まで電気を各家庭に供給していた電力会社に加えて、新たに参入する後発の電力会社も消費者に対して電力を供給することが可能となっていています。電力会社にも市場原理が導入された為に、以前よりも安い電気代で節約をしたい人は電力会社を切り替えたほうが電気代が安くなる傾向にあります。

総括原価方式ではなくなるために安くて得となる

以前の電力会社は総括原価方式という方式に基づいて電気料金を決定しています。この方式に基づくと安全でかつ公共性を保った上で電気料金を全国に供給するために、電力を供給する時にかかったコストと私たちが実際に使用した電気代とを合わせて私たちの電気代として支払わせることが可能でした。

これは言い換えれば、電気を作る時にかかったコストを私たち消費者側に押し付けることが出来ることを意味していますが、現在では各電力会社が以前の総括原価方式ではない状態となっているため、消費者に対してより良い電力を提供することが必要となってきており、市場原理が電力会社において機能していることを意味します。

電力の独占がなくなることで、安くて得となる

大手の電力会社からしか電力を全国に供給することができない為に、どうしても使用電力に対する料金が高まる傾向にありました。ですが、電力の自由化によって日本全国どこからでも自由に電力を購入することが可能となったために、消費者が良いと思える適正価格にしている電力会社を選べるようになりました。そのため以前より格段に電気料金が安くなる傾向となります。

電力会社が電気を安くしてくれる仕組みにしたから安い

7e34c524f970f2a734557c59868d97a2_s

日本の電力会社は3段階制料金プランを採用していて、以前は電気料金が高くなればなるほどに電気を使う上での基本料金が高まる傾向にありました。その為、どうしても各家庭の電気料金が高くなっていましたが、現在では電力自由化に伴い電気を使えば使う程に基本料金を安くしてくれる電力会社も現れてきているため、以前よりも電気料金が安くすることが可能となります。

また、以前から多くの電気を使用していない場合でも1段階目に基本料金を安く抑えている電力会社も存在しているため、月々の電気料金を安くすることが可能となります。

電気会社を変えた場合の費用がないから安い

電気代をより節約するために、新たな電力会社と契約する場合、基本的に新しく「スマートメーター」という電気メーターを取り付ける工事が必要となり、多くの電力会社は「スマートメーター」の取り付けや初期工事費等に初期費用を無料で行ってくれています。ですが全ての電力会社が初期費用無料という訳ではありません。取り付け工事に関しても電力会社に連絡をすれば日時や手続きを済ませてくれます。

電力会社を変更するときに必要ことが少ないから費用が安い

新たに電力会社と契約する時は、特に現在契約している電力会社に対して連絡をする必要がありません。今後契約していく電力会社がまとめて手続きを済ませてくれます。また、現在契約をしている電力会社からの領収書に記載されている「地域番号」「お客様番号」「契約時の電気量(アンペア)」等の詳細な情報を事前に調べておくと、新たに契約をする電力会社と「電気料金や電気代の今後の推移」を比較しながらしっかりと考えていく上で参考になるので保存しておくと良いです。

33585a0f9bfb228aa1cde2e0524b4969_s

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧