電力会社の変更で、一人暮らしでも電気代節約に!

MENU

CLOSE

電力会社の変更で、一人暮らしでも電気代節約に!

電力自由化の時代、電力会社の変更を考えよう

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s

電力自由化で電力会社を選べる時代に!

「電力自由化」とよく言われますが、電力市場が自由化されるという意味です。電力は従来、東京は東京電力・大阪は大阪電力というように、地域ごとに独占市場が形成されていました。しかしバブル経済崩壊後、経済活性化のための規制緩和が盛んになり、その対象は電力市場にも及び、1995年から部分的に電力自由化が始まりました。多くの企業の参入により競争を促し、電気料金を抑制するのが主な目的です。

新規の事業者が電力を供給できるのは、当初は大規模なビルや工場などに限られていましたが、自由化の範囲は段階的に拡大し、2016年4月に全面自由化となり、供給先の限定はなくなりました。これにより一般家庭でも、どの電力会社から電力を買うか、比較・検討できるようになりました。

電力会社変更のメリットとは?

例えば東京の一般家庭は従来は東京電力と契約していましたが、電力自由化によって他の会社に変更できるようになりました。とはいえ変更せねばいけない訳ではないので、変更するとしたらメリットが必要です。

電力自由化によるメリットを考えるとまず間違いないのが、料金メニューやサービスの選択肢が増えることです。従来の大手電力会社の料金は諸経費を勘案し国の許可を得て決められていましたが、電力自由化によって新規参入する「新電力(会社)」は任意に料金を設定できるようになります。例えば通信業界のように、商品の内容に大差はなくても各社が様々なプランを提供し、消費者は自分に合ったものを比較・検討できるようになります。

電力会社の変更で得をする家庭

390a26aa9c3dde177dcaf409fb5cfe7b_s

大家族ならお得

電力自由化によって、新電力会社は自由に発電・送電が行えるようになりました。しかし送電網は従来のものを借用するなど、既存の電力システムから完全に自由ではありません。家庭向け料金プランも、ほとんどが使用量が多いほど電気代が割高になる従来の規制料金の体系に準拠したものです。これは、以下のような区分に基づく「3段階料金」という仕組みです。

  • 第1段階:ナショナル・ミニマム(最低限の生活保障)を考慮した低料金
  • 第2段階:標準的な家庭の使用量をふまえた平均的料金
  • 第3段階:やや割高な料金

この仕組みの中では、従来よりも割り引けるとしたらやや割高な第3段階の料金であって、すなわち電気の使用量が多い家庭ほど電力会社の変更による電気代値下げの可能性が高くなります。

一人暮らしでもお得です!

従来の3段階料金の仕組みの中では、一人暮らしなど電気の使用量が少ない家庭についてはもともと料金が低く設定されているので、電力会社を変更してもそれ以上安くなる見込みは低いです。

とはいえ、新電力会社は競争のため様々な割引プランを用意しています。例えば電気使用量の多さに応じて割引額を大きくするプランが多い中、ある会社には一律で5%割引のプランもあります。これだと一人暮らしで使用量が少なくとも、確実に5%節約できます。またセット割やポイント付与などの他のサービスに着目することで、総合的なメリットが期待できます。

例えば多くの人がすでに、電気会社以外にもガス会社や通信会社などとも契約しているでしょうが、それらの会社が電気とのセット販売を始めたら、それらのプランに切り替えることで、従来よりも電気代の節約が期待できます。また各社がポイントサービスを積極的に導入しているので、自分が集めたいポイントがある場合、そこに着目するのもいいでしょう。電気代の支払いに応じてはもちろん、入会するだけでポイントが付与されたりします。

電力自由化で一般家庭でも電力会社を比較して選べるようになりました。現状では、大家族などで消費電力が多いほど節約の幅は大きいです。しかし一人暮らしなどで消費電力が少なくても、プランによっては若干は電気代を節約できますし、セット割やポイント付与など各種サービスなどを活用することで従来よりもメリットを享受できます。

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧